気にするな(新潮新書)

弘兼憲史

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「上司と合わない」「仕事が面白くない」「未来が見えない」等々、人生は暗く捉えればいくらでも暗くなる。でも、どんな経験もそのうち必ず役に立つ。細かいことは気にせず、目先の目標に全力を尽くす。そう考えれば嫌な上司との接し方も変わってくるものだ。――人気漫画家が生い立ちから社会人時代、「島耕作」シリーズ等、ヒット作の裏側まで、キャリアを振り返りながら語る。読むと気分が晴れて元気になれる人生論。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    18
    5
    3
    4
    4
    3
    7
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/06/12Posted by ブクログ

      弘兼氏の持論だけでなく、編集者、マスコミ関連、政治、社会風潮などひっくるめて様々な、視点から書かれている。
      帯の「閉塞感をぶっ飛ばせ」仕事、人生、そして日本を語る。松下電器に勤めたものの、漫画家へ。...

      続きを読む
    • 2011/04/09Posted by ブクログ

      タイトルからすると、もっと投げやりな内容かと思ったのですが、そうではなくて
      ・自分は自分、他人は他人。
      ・110%のところに目標を置いて、ひとつずつクリアしていく
      という弘兼さんの生き方、仕事の仕方を...

      続きを読む
    • 2012/10/01Posted by ブクログ

      タイトルが「気になった」ので手にとった本の一つ。
      自分とは世代が違う事もあって、「これは違うのでは」と思った箇所もありましたが、総合的に見ると、また読み返したくなる本だと思いました。

    開く
    [{"item_id":"A000274803","price":"660"}]

    セーフモード