北の海(上)(新潮文庫)

井上靖

737円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    幼少期から祖母に預けられ、家庭の雰囲気というものを知らずに育った洪作は、高校受験に失敗し、ひとり沼津で過ごす。両親がいる台北に行くべきだという周囲の意見をかわし、暇つぶしに母校へ柔道の練習に通ううちに、〈練習量がすべてを決定する柔道〉という四高柔道部員の言葉に魅了され、まだ入学もしていない金沢へ向かう。──『しろばんば』『夏草冬濤』につづく自伝的長編。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード