【最新刊】消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦い―(新潮選書)

消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦い―(新潮選書)

1冊

岡部伸

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    独ソ戦を予言し、対米参戦の無謀を説き、和平工作に砕身した陸軍武官・小野寺信。同胞の無理解に曝されつつも、大戦末期、彼は史上最大級のヤルタ密約情報を入手する。ソ連の対日参戦近し――しかしその緊急電は「不都合な真実」ゆえに軍中枢の手で握り潰された。連合国を震撼させた不世出の情報戦士、その戦果と無念を描く。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮選書

    レビュー

    3.7
    4
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/01/21Posted by ブクログ

      2012年刊。
      著者は産経新聞編集委員。

       第二次世界大戦の日本の戦争指導につき、一部の単発・例外事象を除き、情報保秘と活用に決定的問題のあったことは従前言い尽くされ、本書もこれを追認している。
       ...

      続きを読む
    • 2016/10/06Posted by ブクログ

      この本からできたドラマ「百合子さんの絵本」を見ました。ドラマを見ての感想ですが、海外に送り出された閣下は情報を得ては、日本へ暗号化した手紙を出すが手紙は常々無視され敗戦し、原爆投下に至る。
      もっと日本...

      続きを読む
    • 2013/10/08Posted by ブクログ

      第一章で終わってるやろ。周知の事実の羅列だけの水増し本だ。ボリュームの割りに価格が安い理由に納得❗️

    開く

    セーフモード