神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流―(新潮選書)

神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流―(新潮選書)

八木雄二

1,232円(税込)
クーポン利用で732円獲得へ
5

中世において「哲学」は「神学」の形をとった。キリスト教信仰と古代ギリシア哲学の出会いによって「神についての学問」が生まれ、ヨーロッパ精神が形作られていった。神の存在、天使の堕落、人間の富や色欲を当時のヨーロッパ人はどう捉えていたのか。中世神学から「信仰」というベールを剥ぎ、その実像に迫る。

ジャンル
学術・学芸
出版社
新潮社
掲載誌/レーベル
新潮選書
提供開始日
2014/06/20

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】732円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効