【最新刊】影武者徳川家康(上中下) 合本版

影武者徳川家康

隆慶一郎

2,662円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    慶長五年関ヶ原。家康は島左近配下の武田忍びに暗殺された! 家康の死が洩れると士気に影響する。このいくさに敗れては徳川家による天下統一もない。徳川陣営は苦肉の策として、影武者・世良田二郎三郎を家康に仕立てた。しかし、この影武者、只者ではなかった。かつて一向一揆で信長を射った「いくさ人」であり、十年の影武者生活で家康の兵法や思考法まで身につけていたのだ……。 ※当電子版は『影武者徳川家康』(上)(中)(下)の全三巻をまとめた合本版です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 影武者徳川家康 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      影武者徳川家康 全 3 巻

      2,662円(税込)
      26pt獲得

    レビュー

    4.5
    178
    5
    112
    4
    54
    3
    11
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/09/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/07/08Posted by ブクログ

      徳川家康が実は関ヶ原の戦い中に暗殺され、影武者が家康として振る舞っていたら――。
      歴史好きとしてはそれだけでも心が弾むのだが、読書前にはそこにはある種のフィクションを楽しむ時のワクワクがあった。でも実...

      続きを読む
    • 2019/03/22Posted by ブクログ

      徳川家康が関ヶ原の緒戦で暗殺され、影武者が家康に成り代わって軍を率い、ついに泰平の世を実現してしまう、という設定の時代小説。

      影武者である世良田二郎三郎が家康の死をほぼ誰にも知らせずに関ケ原を戦い抜...

      続きを読む
    開く

    セーフモード