かくれさと苦界行

隆慶一郎

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    徳川家康より与えられた「神君御免状」をめぐる裏柳生との争いに勝ち、松永誠一郎は色里・吉原の惣名主となった。だが、一度は敗れながら、なお執拗に御免状を狙う裏柳生の総帥・柳生義仙の邪剣が再び誠一郎に迫る。加えて吉原を潰すべく岡場所が各所に乱立し、さらに柳生の守護神・荒木又右衛門も江戸に現れた。ついに吉原と裏柳生全面対決の時が――。圧倒的迫力で描く時代長編。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(19件)
    • 2014/09/12

      著者は東大出身でフランス文学の教授もしていたという経歴。大岡昇平も同じようなキャリア。大賀昇平は小林秀雄の友人でもあった、(中原中也とも)。筆者は小林秀雄の弟子でもあった。フランス文学の研究者が時代劇...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2011/05/27

      『吉原御免状』の続編。前作もそれなりに面白かったが、今作の方が私的には断然面白かった。著者の急逝がなければ、4部作の構想だったとか、、、(解説より)。う~、心底残念。
      とにかく出てくる登場人物が男女関...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/05/22

      随分前に読んだ本が
      新しい活字
      それも大きな活字となって
      改訂版がでてくるのは
      なんとも 嬉しい

      何十年も前に
      読んだはずですが

      やはり わくわくしながら
      読み進められるのも
      また 嬉しい

      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード