【最新刊】思い出トランプ

思い出トランプ

向田邦子

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    浮気の相手であった部下の結婚式に、妻と出席する男。おきゃんで、かわうそのような残忍さを持つ人妻。毒牙を心に抱くエリートサラリーマン。やむを得ない事故で、子どもの指を切ってしまった母親など――日常生活の中で、誰もがひとつやふたつは持っている弱さや、狡さ、後ろめたさを、人間の愛しさとして捉えた13編。直木賞受賞作「花の名前」「犬小屋」「かわうそ」を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2008/06/17Posted by ブクログ

      短編集はあまり読まないのだが、この作品は気に入っている。

      向田邦子の文章は、言葉に過不足がない。
      1つの事柄について、何行も使って描いているわけではないのに、生活観というものが滲み出ており、情景が鮮...

      続きを読む
    • 2012/02/27Posted by ブクログ

      とても30年程前の作品とは思えなかった。遠い日本の家族の肖像画を
      みせられているような短編13編.直木賞受賞作品

      この本の中で主人公が戦後の記憶をたどる時、日本人はとても貧しかった、みんな飢えて...

      続きを読む
    • 2013/06/06Posted by ブクログ

      この本を始め、向田さんの本はどれも何度読んだか分からないぐらい何度も読み返していますが、読むたびに彼女の文章に惚れ惚れします。彼女が選ぶ言葉やそれらを並べる順序、それらを切るタイミング、また鋭い比喩な...

      続きを読む
    開く

    セーフモード