【最新刊】オバマも救えないアメリカ(新潮新書)

オバマも救えないアメリカ(新潮新書)

林壮一

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    有色人種と弱者の期待を一身に背負って大統領となったオバマ。しかし底辺の人々は救われないままだ。「あそこの住民は簡単に人を殺す」「黒人はいつだって虫けらのように扱われる」「オバマは現実が見えていない」――物乞い、失業者、移民から元世界チャンプ、メジャーリーガーまで、筆者は丹念に、重苦しい現実と格闘する人々の声を拾って歩く。世界最大の階層社会で苦しむアメリカ人を描ききった渾身のルポ。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮新書
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2012/09/04Posted by ブクログ

      2008年に民主党候補から大統領に当選したオバマ。日本でも話題になり、大統領選挙中継から、翌年の就任演説まで同時通訳で見た。



      彼の主張で特筆すべきなのが二点。

      ・国民皆保険制度の創設。
      ・全...

      続きを読む
    • 2013/01/10Posted by ブクログ

      渡米前にアメリカを知ろう1思った以上にアメリカの状態は厳しい。産業構造の転換により、街の空洞化がすすみ、貧困とスラム化に拍車がかかり、ますます二極化が進んでいるように見えた。日本と比べると格差は間違い...

      続きを読む
    • 2013/09/23Posted by ブクログ

      アメリカの格差社会。希望を託したオバマ政権もなかなか実りを上げられずに、本書タイトルのような状態。それでもなお、歴史が進歩したこと自体を肯定的に捉えるコメントが多いのは、その国の力なのかなと感じました...

      続きを読む
    開く

    セーフモード