別れの季節 お鳥見女房

諸田玲子

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    次男二女も独立し、孫にも恵まれ、幸多い日々を過ごしていた珠世。が、浦賀に黒船が来航し、雑司ヶ谷の居宅にも激震が。またかつて居候していた石塚源太夫の郷里、小田原は大地震に見舞われた。珠世は思い知る、時の流れは出会いとともに、別れを連れてくることを。不穏な時代を生き抜く人の知恵と日々の歓びを描く連作短篇集。

    続きを読む
    • お鳥見女房 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      お鳥見女房 全 8 巻

      6,105円(税込)
      61pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      2018〜19年に小説新潮に掲載された6話の単行本化で、シリーズ8作目にして最終作。

      前作が2013年だったので久しぶりだが、20年たって完結してしまった。とても好きだったシリーズなので残念。

      ...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      これが最後かと思うとお仕舞が近づくにつれて
      読むスピードが遅くなる。珠代のホンワカした笑顔。そんな母でありたいと
      自分を戒める。長い間ありがとう。出来ればお嫁さんに代替わりでも「お鳥見女房」続きを希望...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      安定の「お鳥見女房」シリーズ。
      秋も源太郎も結婚し、源太郎に家督を譲った石塚家は小田原に帰って行く。(だから「別れの季節」)
      黒船がやってきて日本も大きく変わろうとしているなかで珠世の周囲も変化してゆ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002373342","price":"1650"}]

    セーフモード