オーデュボンの祈り

伊坂幸太郎

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?伊坂幸太郎、伝説のデビュー作見参!

    続きを読む
    • オーデュボンの祈り 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      オーデュボンの祈り 全 1 冊

      693円(税込)
      6pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(2252件)
    • 2013/04/18

      464

      メヒコでげっと。オクラホマで夢中になって読む。

      これやばい!おもしろすぎる!!!!!
      正直にほんではあまり伊坂さんはまらなくて。おもしろいとは思うんだけど、それドまりだった。アメリカで読ん...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2010/09/21

      ある日、伊藤は目覚めると荻島にいた。
      荻島は仙台の先の牡鹿半島をずっと南に行ったところにある。150年も前から外との行き来がない。

      もちろん実際には荻島は存在しない。
      つまりこの物語はファンタジーで...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2009/11/11

      コンビニ強盗に失敗して警察から逃げた伊藤が辿りついたのは、江戸時代から〝鎖国〟しているという荻島だった。
      嘘しか言わない画家、島の法律として殺人を容認されている男、そして――人語を話す、未来が見えると...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード