【最新刊】栄花物語

栄花物語

山本周五郎

902円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    徳川中期、時の先覚者として政治改革を理想に、非難と悪罵の怒号のなか、頑なまでに己れの意志を貫き通す老中田沼意次――従来、賄賂政治の代名詞のような存在であった田沼親子は、商業資本の擡頭を見通した進取の政治家であったという、新しい視点から、絶望の淵にあって、孤独に耐え、改革を押し進めんとする不屈の人間像を、時流に翻弄される男女の諸相を通して描く歴史長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    レビューコメント(17件)
    • 栄花物語
      2009/11/04

      初めての山本周五郎、堪能できた。
      田沼意次の政治を善しとして、逆に白河侯、松平定信を復古を目指す悪として描き出している点に特徴がある本作。

      しかし、青山信二郎と河合(のち藤代)保之助を主人公(だと僕...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 栄花物語
      2009/05/13

      ソンやらトクで物事を判断している限り、どんな情報も自分の血肉にはならない。
      情報は、黄ばんだ白い、ブヨブヨとした脂肪に簡単にその姿を変えて、本当の自由を味わうだけの体力をあなたから奪う。
      背骨は痩...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 栄花物語
      2012/10/04

      賄賂政治で悪名高い田沼意次を、幕府の経済基盤の再構築を目指す政治家ととして描いています。旧態然とした武家社会にこだわる松平定信と新しい時代に即した理想を掲げる意次の対立は、現代の政治に似たところがあっ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード