【最新刊】美しいアナベル・リイ(新潮文庫)

美しいアナベル・リイ(新潮文庫)

大江健三郎

539円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    かつてチャイルド・ポルノ疑惑を招いて消えた映画企画があった。それから30年、小説家の私は、その仲間と美しき国際派女優に再会。そして、ポオの詩篇に息づく永遠の少女アナベル・リイへの憧れを、再度の映画制作に託そうと決意するのだが。破天荒な目論見へ突き進む「おかしな老人」たちを描く、不敵なる大江版「ロリータ」。『臈たしアナベル・リイ総毛立ちつ身まかりつ』改題。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2010/11/27Posted by ブクログ

      この世界の美しさ!青年、壮年、老年と印象的なあるフィルムのヒロインを巡る話なのだがこの女性が主役、というよりは私(古義人)のみた世界の話。
      それぞれのシーンのうつくしさに読んでいてはっとなる。
      老いて...

      続きを読む
    • 2012/02/26Posted by ブクログ

      物語は、現在、70代になった作者が、大学時代の級友、木守に再会する場面から始まります。
      そこから、二人が30年前に、とある映画を撮影する企画を通して再会し、また疎遠になっていく過程が回想されます。

      ...

      続きを読む
    • 2012/09/12Posted by ブクログ

      アナベル・リイの夏目訳が読みたくて気になる。”ろうたし”がきいてる。それから強烈な甘い思い出。追体験してみたくもなる。
      誰しも心の中に”アナベル・リイ”なり”ロリータ”なるファム・ファタールがいるもの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード