イスラムの人はなぜ日本を尊敬するのか(新潮新書)

宮田律

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    イスラムを過剰に怖れる必要はない。私たちが思っている以上に、日本人は尊敬されているのだ。日本は理想的社会と見られ、アニメやマンガも引っ張りだこ。礼儀正しさや義理、人情といった美風に強い関心と共感を持っているのだ。欧米の植民地主義に屈せず独立を守った日本の歴史や皇室の伝統への、ムスリムの畏敬の念を紹介し、その良好な対日感情をどう国益に結びつけるかを論じる。日本人のためのイスラム入門。

    続きを読む

    レビュー

    3
    14
    5
    1
    4
    2
    3
    8
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/09/29Posted by ブクログ

      米国を向きつつも一方では、支援、取引関係において、想像以上に日本が中東と関わりが深いことを改めて認識した。
      日本人の謙虚さと、欧米と違って上から目線ではなく、相手の立場を思い計って、という気質こそが、...

      続きを読む
    • 2013/11/25Posted by ブクログ

      日本はアジアで嫌われている。そう思っている人がこの本を読んだならば驚くだろう。
      多くのイスラム国家が尊敬してやまない国、日本。

      この本は、なぜそれほどまでにして中東諸国は日本に好意的なのか、その秘密...

      続きを読む
    • 2015/04/16Posted by ブクログ

      やはりイスラムの親日の人達を大事にしたい。アメリカの尻馬に乗ってアメリカのような世界の嫌われ者になってはいけないでしょう。そのためには真の独立しかない。

    開く
    [{"item_id":"A000274385","price":"660"}]

    セーフモード