伊豆の踊子

川端康成

396円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    旧制高校生である主人公が孤独に悩み、伊豆へのひとり旅に出かける。途中、旅芸人の一団と出会い、そのなかの踊子に、心をひかれてゆく。清純無垢な踊子への想いをつのらせ、孤児意識の強い主人公の心がほぐれるさまは、清冽さが漂う美しい青春の一瞬……。ほかに『禽獣』など3編を収録。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      [なんとはなしに、香る仲]旅の途中で出会った踊子に心惹かれていく様子をしとやかに描いた表題作「伊豆の踊子」や、かつて結婚を誓った男の死に際して女性が彼に送った言伝の形をとった「抒情歌」などを収録。著者...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      偉人の文章力・表現力の巧みさに驚愕した。また、表題作の『伊豆の踊り子』と、他に収録されている三篇との、作風の違いに驚いた。
      『伊豆の踊り子』が穏やかで切ない物語であるのに対し、『温泉宿』は安野モヨコの...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      この小説を両親に見られたらいけないものだと認識して、本棚の奥に隠しながら何度も何度も読み返すような少年自体を送っていたとしたら、自分はどんな大人になっていたんだろうか。
      名前は聞いたことあっても読んだ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000274383","price":"396"}]

    セーフモード