嵐が丘

エミリー・ブロンテ/鴻巣友季子/訳

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    寒風吹きすさぶヨークシャーにそびえる〈嵐が丘〉の屋敷。その主人に拾われたヒースクリフは、屋敷の娘キャサリンに焦がれながら、若主人の虐待を耐え忍んできた。そんな彼にもたらされたキャサリンの結婚話。絶望に打ちひしがれて屋敷を去ったヒースクリフは、やがて莫大な富を得、復讐に燃えて戻ってきた……。一世紀半にわたって世界の女性を虜にした恋愛小説の“新世紀決定版”。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(172件)
    • 2021/02/03Posted by ブクログ

      I remember learning about Emily Bronte when I took a class about English literature three years ago....

      続きを読む
    • 2009/06/21Posted by ブクログ

      暑苦しい土曜の夜は少しぞっとするこんな本


        題名:嵐が丘
       作者名:エミリー・ブロンテ

       出版社:新潮文庫
       映像化:映画化、舞台化、ガラスの仮面作中劇、他



      ■あらすじ
      18...

      続きを読む
    • 2012/08/18Posted by ブクログ

      荒涼とした丘のうねり・・・ヒース。またはムアを舞台に
      2家族の親子弐代に渡る圧倒的憎悪に隠された圧倒的な愛の物語
      (と。俺は想う。)

      主人公と謂えるヒースクリフ始め・・・登場人物は皆 【悪】人だ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード