アメリカひじき・火垂るの墓

野坂昭如

484円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    昭和20年9月21日、神戸・三宮駅構内で浮浪児の清太が死んだ。シラミだらけの腹巻きの中にあったドロップの缶。その缶を駅員が暗がりに投げると、栄養失調で死んだ4歳の妹、節子の白い骨がころげ、蛍があわただしく飛び交った……戦後どれだけの時間が過ぎようと、読む度に胸が締め付けられる永遠の名作『火垂るの墓』をはじめ全6編を収載。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード