【最新刊】赤ひげ診療譚

赤ひげ診療譚

山本周五郎

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幕府の御番医という栄達の道を歩むべく長崎遊学から戻った保本登は、小石川養生所の“赤ひげ”と呼ばれる医長新出去定に呼び出され、医員見習い勤務を命ぜられる。貧しく蒙昧な最下層の男女の中に埋もれる現実への幻滅から、登は事あるごとに赤ひげに反抗するが、赤ひげの一見乱暴な言動の底に脈打つ強靱な精神に次第に惹かれてゆく。傷ついた若き医生と師との魂のふれあいを描く快作。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    • 赤ひげ診療譚2018/01/02Posted by ブクログ

      宮部みゆきの小説「淋しい狩人」を読んでいた時にエピソードの一つに登場した本で、すごく印象に残ったので取り寄せ読んでみることにした。
      一言で言い表すならば、傑作ですね。
      この本が出版されてから半世紀以上...

      続きを読む
    • 赤ひげ診療譚2017/08/23Posted by ブクログ

      ・あらすじ
      幕府の御番役というエリートコースを歩むべく長崎遊学から戻った青年が貧者を相手に治療を施す小石川養生所の医師「赤ひげ」に呼び出され、見習い勤務を命ぜられる。理想とかけ離れた現実に、青年は激し...

      続きを読む
    • 赤ひげ診療譚2006/10/09Posted by ブクログ

      山本周五郎といえば、「樅の木は残った」「長い坂」
      そして「赤ひげ診療譚」だろう。
      いやまだまだあるけれど、これも文句なしにおもしろい。
      五つ☆では足りない。
      もっとあげたい。
      ☆☆☆☆☆☆でも足りない...

      続きを読む
    開く

    セーフモード