炉辺荘のアン―赤毛のアン・シリーズ7―

モンゴメリ/村岡花子/訳

869円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    思い出多い「夢の家」に別れを告げて、アンは三色すみれでいっぱいの「炉辺荘(イングルサイド)」に移ってきた。いまや働きざかりの主婦となったアンは、忙しい夫ギルバート医師を助け、六人の子供たちの世話をし、次々に訪れる古い友人たちを歓待し、お手伝いのスーザン、猫のシュリンプとともに毎日息つく暇もない。しかし、必要とされる喜び、愛し愛される喜びは、なんとすばらしいものだろう。

    続きを読む
    • 赤毛のアン・シリーズ 全 10 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      赤毛のアン・シリーズ 全 10 巻

      7,755円(税込)
      77pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(483件)
    • 2011/01/16

      ギルバートと結婚し、「夢の家」で新家庭をもったアンの日々。
      登場人物は、男嫌いのミス・コーネリア、美しいが不幸な人生を歩んできたレスリー・ムーア。ジム船長。
      アン自身、結婚し、初めての子ども(ジョイ)...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2017/07/09

       Betty Smithの「A Tree Grows in Brooklyn」を読んだら、かつて読んだ「赤毛のアン」のことを思い出してもう一度読みたくなりました。女の子が一人の大人に育っていく姿を描い...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2015/12/24

      むさ苦しいおつさん(わたくしのこと)が電車やバスの中で、或は病院や銀行や床屋などの順番待ちの間に読んでゐる文庫本が『赤毛のアン』であるとは、周辺の人は夢にも思つてゐないでせうね。わたくしは一人でほくそ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード