アンの友達―赤毛のアン・シリーズ4―

モンゴメリ/村岡花子/訳

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ちょっとした気持の行き違いで長いこと途絶えてしまった人と人との愛情が、またふとしたことから甦る。10年も20年も離れていた婚約者同士が、ついにお互いの存在を再確認する――1908年の刊行以来、アンの物語は広範囲の読者の心を捉えてきたが、この第4巻ではアンから少し離れて、アンの周囲の素朴な人たちが愛ゆえに引き起す、さまざまな事件をいくつか紹介する。

    続きを読む
    • 赤毛のアン・シリーズ 全 10 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      赤毛のアン・シリーズ 全 10 冊

      7,755円(税込)
      77pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(484件)
    • 2011/01/16

      ギルバートと結婚し、「夢の家」で新家庭をもったアンの日々。
      登場人物は、男嫌いのミス・コーネリア、美しいが不幸な人生を歩んできたレスリー・ムーア。ジム船長。
      アン自身、結婚し、初めての子ども(ジョイ)...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2017/07/09

       Betty Smithの「A Tree Grows in Brooklyn」を読んだら、かつて読んだ「赤毛のアン」のことを思い出してもう一度読みたくなりました。女の子が一人の大人に育っていく姿を描い...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2015/12/24

      むさ苦しいおつさん(わたくしのこと)が電車やバスの中で、或は病院や銀行や床屋などの順番待ちの間に読んでゐる文庫本が『赤毛のアン』であるとは、周辺の人は夢にも思つてゐないでせうね。わたくしは一人でほくそ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード