愛人と呼ばれても

メラニー・ミルバーン 翻訳:深山咲

648円(税込)
ポイント 6pt

購入へ進む

カゴに追加

19歳のニッキにはどうしても大金が必要だった。だから、ふたまわりも年上の雇主ジョゼフとの結婚を決めた―─結婚前にわずか1週間の猶予をもらって。そして、たまたま出会った野心あふれる青年マッシモと身も心もとろけそうに甘く幸福なひとときを過ごし、1週間後、あまりにもみじめな結婚式を挙げた。だが、それ以上に過酷な運命がニッキを待っていた。式に現れたジョゼフの継子はなんとマッシモだったのだ。「この恨みは必ず晴らす」愛する人の憎悪の言葉は彼女を打ちのめす。それから5年後、ジョゼフの葬儀で二人は再会を果たしたが……。

続きを読む

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
  • 2012/04/09Posted by ブクログ

    ニッキ・フェルリアーニとマッシモ・アンドレッティ。事情があって結婚するヒロインが、式の1週間前に恋に落ちたマッシモは義理の息子。5年後、夫が病死したニッキの前に、復讐に現れたマッシモ。ドラマチックです...

    続きを読む

セーフモード