半七捕物帳 二十四 小女郎狐

岡本綺堂

330円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『御仕置例書』とは、江戸の奉行所に各地の代官所から判断が難しい裁きについて、問い合わせてきたものをまとめた帳面をいう。半七は、そこから下総国新石下村で寛延元年に起きた「小女郎狐」と呼ばれる事件を話し出す。あるとき、猪番小屋で、酔い潰れた七人の若者が煙でいぶされ、うち五人が死亡するという事件が発生。村人たちは、この若者たちが少し前に小狐を殺していたことから、「小女郎」と呼ばれる狐の敵討ちに遭ったに違いないと噂する。しかし、ひとり岡っ引の常陸屋長次郎は、事件のカギを別のところに見出す……。

    続きを読む
    • 半七捕物帳 全 29 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      半七捕物帳 全 29 巻

      9,570円(税込)
      95pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード