半七捕物帳 二十三 鬼娘

岡本綺堂

330円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    文久元年七月、半七の家に馬道の庄太が駈け込んでくる。前日、台所で行水をつかっていた隣家の娘お作が、何者かに殺されたという。実は半月ほど前から、馬道近辺に白地の手拭、白地の浴衣の若い女が出没し、二人の女が相次いで殺されていた。鬼婆で名高い浅茅ヶ原に近く、鬼婆ならぬ鬼娘が生贄を求めているのか?半七は、意外なところで事件の糸口をつかむ。

    続きを読む
    • 半七捕物帳 全 29 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      半七捕物帳 全 29 巻

      9,570円(税込)
      95pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード