半七捕物帳 二十二 筆屋の娘

岡本綺堂

330円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    慶応三年八月、下谷広徳寺前の筆屋『東山堂』の姉娘おまんが急死した。筆屋『東山堂』は姉のおまんと、妹のお年が、筆の穂先を舐めて毛を揃えてくれることから『舐め筆』の店として賑わっていたのだが、姉のおまんが毒を飲み、悶死したという。近くの徳法寺の僧侶・善周も急死したことから、心中とも思われたが……。半七は、妹・お粂の助力もあり、手がかりをつかむ。

    続きを読む
    • 半七捕物帳 全 29 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      半七捕物帳 全 29 巻

      9,570円(税込)
      95pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード