半七捕物帳 七 奥女中

岡本綺堂

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    文久2年のある夏の夕刻に、茶店を営んでいるお亀という女が娘のお蝶のことを相談しに、半七のもとを訪れる。娘のお蝶が二度ほど奥女中にかどわかされ、どちらも10日ほど姿を消していたが、大金を持って戻ってきたというのである。お蝶の話では、とある武家屋敷できれいな着物を着さされ座らされただけで、時折、様子を見に正体のわからないものが来たという。ただ怖くなって、泣いて帰りたいと頼んだので、礼金と共に帰してくれた、とのことであった。しかし、今回、奥女中が二百両の金でお蝶をもらい受けたいとの話を持ってきたのである。相談を受けた半七は……。

    続きを読む
    • 半七捕物帳 全 29 巻

      未購入巻をまとめて購入

      半七捕物帳 全 29 巻

      9,570円(税込)
      95pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード