電子書籍を出す人は知っておきたい文章術

安藤智子

275円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    読みやすい文章、恥ずかしくない文章、わかりやすい文章を書くには?累計200万部超のライターが文章格上げの「秘伝」を公開!伝えたいことが伝わり、ビジネスシーンにも役立つ文章術。目次序章活字文化と電子書籍について私も考えてみた●「俺にも言わせろ」と言える時代●編集者不在のデメリット●活字文化の水準とクォリティを保つために●最初は間違いだらけの文章でいい●読みやすく、わかりやすい文章を書きたい●推敲のコツを覚えよう●頭が良くなる文章レッスン●書けば書くほど上達する●人の文章をリライトしてみよう●文法を基礎から学び直そう第1章日本語文法のおさらい●日本語の書き言葉の変遷●文の基本構造は「主語+述語」●背骨の「ねじれ」に注意●主語は文のはじめに示そう●主語と述語はできるだけ近づける●文法用語の定義と用法●日本語の品詞いろいろ●「ら抜き言葉」は、やはりNG●「さ入れ言葉」は、完全にNG第2章誤解されやすい文はどこがいけないのか●修飾語、長は短よりも先に出そう●修飾語、重要なものから先に出そう●必要な句点を忘れずに打とう●読点はどこで打つべきか●言葉の出し惜しみをしない●接続詞の乱用を避ける●「または」と「および」を混同しない第3章マイナスレベルの文章をプラスに転換●敬語を正しく使うと文章の格が上がる●間違えやすいのは、尊敬語と謙譲語●「くどい表現」を排除する●「手垢のついた言葉」は使わない●矛盾することを書かない●あいまいな書き方をしない●おわりに

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000273271","price":"275"}]

    セーフモード