わが闘争

アドルフ・ヒトラー

275円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第二次世界大戦を引き起こしたヒトラーの思想をたどる自叙伝『わが闘争』は、原題『MeinKampf』(ドイツ語)という、かの有名なナチス党指導者アドルフ・ヒトラーによって執筆されたものです。1923年11月のミュンヘン一揆の失敗後、収監されていた際に執筆を開始したといわれています。『わが闘争』は第2巻まで出版されており、第1巻では、ヒトラーが自分の生い立ちを振り返りながら、ナチ党の結成に至るまでの経緯が記述されています。特に、ヒトラー自身の幼年期と反ユダヤおよび軍国主義的となったウィーン時代を詳細に記述しています。第2巻では、ヒトラーの政治手法、群衆心理についての考察とプロパガンダのノウハウのほか、戦争や教育などさまざまな分野についても論じています。『わが闘争』は、ドイツ以外でも多くの言語に翻訳され出版されています。本書の評価は賛否様々ありますが、1920年代当時の彼の持っていた政治的世界観を知る貴重な資料であり、反ユダヤおよび軍国主義へ突き進み、第二次世界大戦へと突入したヒトラーの思考を知る材料となります。本書は、英訳訳版『わが闘争』第1巻、第2巻の全文を1つにまとめた電子書籍です。《目次》第1章『わが闘争』解説第2章わが闘争英語版i.FOREWARDfromLandsbergAmLech,FortressPrisonVolumeOne:AReckoningChapterI:InTheHouseOfMyParentsChapterII:YearsofStudyandSufferinginViennaChapterIII:GeneralPoliticalConsiderationsBasedonMyViennaPeriodChapterIV:MunichChapterV:TheWorldWarChapterVI:WarPropagandaChapterVII:TheRevolutionChapterVIII:TheBeginningofMyPoliticalActivityChapterIX:The’GermanWorkers’Party’ChapterX:CausesoftheCollapseChapterXI:NationandRaceChapterXII:TheFirstPeriodofDevelopmentoftheNationalSocialistGermanWorkers’PartyVolumeTwo:TheNationalSocialistMovementChapterI:PhilosophyandPartyChapterII:TheStateChapterIII:SubjectsandCitizensChapterIV:PersonalityandtheConceptionoftheFolkishStateChapterV:PhilosophyandOrganizationChapterVI:TheStruggleoftheEarlyPeriod--TheSignificanceoftheSpokenWordChapterVII:TheStrugglewiththeRedFrontChapterVIII:TheStrongManisMightiestAloneChapterIX:BasicIdeasRegardingtheMeaningandOrganizationoftheSAChapterX:FederalismasaMaskChapterXI:PropagandaandOrganizationChapterXII:TheTrade-UnionQuestionChapterXIII:GermanAlliancePolicyaftertheWarChapterXIV:EasternOrientationorEasternPolicyChapterXV:TheRightofEmergencyDefenseCONCLUSION第3章アドルフ・ヒトラー略年表

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000273222","price":"275"}]

    セーフモード