素足の妖精

シャーロット・ラム 翻訳:古城裕子

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    17歳のリンデンにとって、毎日が薔薇色だった。なぜなら家にはジョス・ホワイトがいるからだ。険しい坂道で事故を起こした彼を車から助け出し、家へと連れ帰った。リンデンとジョスは親子ほども年がちがうのに、とても気が合って、人間嫌いの画家の父も、彼を気に入っている。そんなある夜、生まれてはじめてパーティへ出かけたリンデンは、同じ年頃の男の子たちなど誰一人目に入らず、ジョスのことを愛していると気づいてしまうのだった。月光を浴びて泳ぎながらふと岸を見やると、ジョスが立っている。彼は水の中に入ってきて、裸のリンデンを抱きすくめた。■月の光に照らされ、柳の木の下で結ばれた二人。しかし翌朝リンデンは、父親からジョスが出ていったこと、彼に妻がいることを知らされてしまう。絶望したリンデンは……C・ラム、衝撃の初期傑作品。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/06/19Posted by ブクログ

      金持ちヒーローx年の差ヒロイン

      高校生に手を出し、父子で取り合い、しかも不倫と
      地雷たっぷりなのに・・・初読で5回読み返してしまった・・・
      後半のヒロインの復讐と切り口上、そして
      ヒーローの...

      続きを読む

    セーフモード