無印OL物語

群ようこ

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    きれいで立派な本社ビルに憧れて就職したのに、倉庫裏の“地獄の営業部”に配置された私。小さな出版社で、ドジな先輩、後輩に悩まされている私。チャッカリと「結婚」に逃げ込んでしまった私の同僚――でも私だって負けてはいない。「職場」という「人間関係」を糧にたくましい「成長」をみせるOLたちの日常を描いた、くやしくっておかしい12の物語。多くの「共感と元気」を呼ぶ本として超ロングセラー中の無印シリーズ!

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    24
    5
    1
    4
    7
    3
    11
    2
    4
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/03/07Posted by ブクログ

      エッセイの多い作家だからエッセイだろうと手にしたら、小説だったという本。とろくてミスばっかりしている先輩の尻拭いばかりしているのに、なんで給料は半分なんよ-!というような小説がズラズラと。

      エッセイ...

      続きを読む
    • 2017/10/30Posted by ブクログ

      書誌情報をみたら、1991年の発行だった。20年以上も前のOLさんたちのお仕事。結婚するまでの腰かけだったり、あからさまなパワハラ、セクハラだったり、お茶汲み=女性の仕事だったり、時代が違う。でも、ま...

      続きを読む
    • 2017/09/24Posted by ブクログ

      地道に戦う働く女性が、丁寧に、かつ細かいところまで観察されて描かれている。共感できる部分多し。明日も仕事頑張ろうと思える一冊。

    開く

    セーフモード