【最新刊】麻雀狂時代

麻雀狂時代

阿佐田哲也

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    博打打ちは例外なく、皆、臆病である。博打で生きている限り、現金以外は武器にならない。彼らにとっての恐怖は、負け続けることではなく、負けて現金が尽きることである――。絶対ガン札は出来ないといわれているヴァイスクルの封切版カードで、日本ギャンブラーを手玉にとるメリケンお玉。韓国のカジノで15分で1500万稼ぎ、勝ち役の名が鳴り響いている空野とノミ屋ゴロシのプロ車券師。ギャンブルを通して、人間の切なさ、哀しさ、凄まじさを描いた阿佐田哲也の傑作小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/04
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 麻雀狂時代
      2012/10/18

      思いのほか評価が低くてびっくり、
      阿佐田哲也はこうだと思ってしまっている自分は納得ずくなんですが、
      そうじゃないかたもいるんだなぁと。
      それも当然か。

      麻雀やりたい、
      本文中にもあるが、
      やらなくて...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 麻雀狂時代
      2011/09/04

      初めにわざわざ「これは麻雀小説である」と書いてある以上、中身は作り話にかもしれないけれど途中まではまるでエッセイ調でかかれてある。
      作家、阿佐田哲也が退院してから友人たちと麻雀を打った時の話だとかが、...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 麻雀狂時代
      2010/09/26

      かなり昔、麻雀放浪記を読んで阿佐田哲也の面白さを知った。久しぶりにあの面白さを味わいたくて麻雀狂時代と雀鬼くずれの2冊を手にしたのだが、以前ほどの興奮は得られなかった。著者の表現を借りれば、これは文学...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード