【最新刊】時計

時計

吉村達也

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中伊豆の森で、眼球を反転させた奇怪な三人の死体が見つかった。しかも、彼らの腕時計は、みなデタラメな時刻を示して動き続けていた。半月後、同じ地域の貸別荘を訪れた男女が突然、すべての時計が狂い出す現象に遭遇!同時に室内に異様な気配を察知し、身の危険を感じて逃げようとするが、ひとりの身体に想像を絶する変化が発生!人間の常識を覆す怪奇現象の連続に、電磁波研究者清水教授は助手の神保真美と共に現場へ乗り込むが、そこで遭遇したのは死霊の大群だった!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/04
    連載誌/レーベル
    角川ホラー文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      「樹海」から六年後、体内に赤子を宿したまま事故死した康明が献体となったり、透と結婚しているルイが胎内の子を義父かと思わせられ慄いたりする。「卒業」や「樹海」と繋がりのある展開も多かったけれど、三部作の...

      続きを読む
    • 2012/02/26Posted by ブクログ

      時が狂い、人が壊れる。死霊の森があなたを誘う。
      中伊豆の森で眼球を反転させた死体が発見された。つけていた腕時計は狂った時間を指しながら動き続けていた。立て続けに起こる怪奇現象の謎を探るべく現場に乗り込...

      続きを読む
    • 2008/04/17Posted by ブクログ

      ストーリー的には、少し黒っぽいイメージ。
      どちらかといえば、現代風ファンタジー的な印象が強い。
      最初は場面転がかなり複雑化されているが、ラストに向うにつれてスピード感が出てきてなかなか……。

    開く
    [{"item_id":"A000272297","price":"594"}]

    セーフモード