着信アリ

秋元康

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    由美が気乗りしないまま参加した合コンの席で、陽子の携帯電話が聞き覚えのない着信音で鳴った。液晶には「着信アリ」の文字。メッセージを確認すると、陽子の悲鳴のような叫び声が録音されていて、着信履歴には2日後の時刻と、着信元として陽子自身の携帯の番号が残されていた。そして、その2日後のその時刻。陽子はメッセージに残されたとおりの悲鳴をあげて不可解な死を遂げてしまう……。終わりのないチェーンホラーの誕生!(映画化原作)

    続きを読む
    • 着信アリ 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      着信アリ 全 3 巻

      1,562円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    3
    34
    5
    1
    4
    8
    3
    19
    2
    5
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/07/24Posted by ブクログ

      夏の角川ホラー祭。意地でも読まないでいたのだけど、この際読んでみるかということで。この人の作品は知らないわけではないけれども、ちゃんと小説として読んだのは初めて。

      携帯電話に、自分の番号から謎の不在...

      続きを読む
    • 2017/02/24Posted by ブクログ

      映画では描ききれなかった裏設定などを知りたくて読んでみた。
      いつも手の届くところにあるのが当たり前のツールになっている携帯電話。
      それほど身近なものを通しての恐怖は、片時も手放せないものだけに怖さがつ...

      続きを読む
    • 2016/12/21Posted by ブクログ

      自分の携帯から、着信が。
      それだけなら携帯が壊れたのかも、と思うところだが、留守番電話にメッセージが自分の声で入っていたりすると……

      考えるだけで怖すぎるだろ!!
      って言う話。

      で、最終的には、そ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード