【最新刊】新編 宮沢賢治詩集

新編 宮沢賢治詩集

1冊

宮沢賢治 中村稔

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    花巻の自然をこよなく愛し、篤い信仰心を持ちながら農業に従事する一方、文学や音楽に情熱を傾けた賢治。生前公刊された詩集「春と修羅」や、ノート、手帳に書きつけられた膨大な量の詩から、最も魅力ある作品を厳選し収録した。今なお読み継がれ、多くの人々を魅了し続ける詩人・宮沢賢治の心のデッサン。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/04
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    11
    5
    1
    4
    7
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/05/17Posted by ブクログ

      難しくて何言ってるかわかんない時も多々な宮沢賢治さん。だけど岩手の光景が目に浮かんで懐かしい。すごく繊細な感性をもった秀才だったことがわかる。この切ない描写が岩手の自然にすっと馴染む気がして郷愁をさそ...

      続きを読む
    • 2014/08/01Posted by ブクログ

      アラムハラドを読んで、これは宮沢賢治をもう一回読み直さなければ、彼を誤解したままに終わってしまう、そうと思って。
      やはり、彼は「わかって」しまった人なのだと思う。そして、すべての人を善くするために、理...

      続きを読む
    • 2013/10/13Posted by ブクログ

      日本の純文学にも興味があり、最近、読み返すことの事の多い1冊です。

      彼の詩の中で、今、1番好きなのが、彼の妹に対する思いを込めた作品です。

      「お茶碗にすくった雪」

      ...情景を想像すると、思わず...

      続きを読む
    開く

    セーフモード