【最新刊】ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち

著者:田辺聖子

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    足が悪いジョゼは車椅子がないと動けない。世間から身を隠すように暮らし、ほとんど外出したことのない、市松人形のようなジョゼと、管理人として同棲中の、大学をでたばかりの恒夫。どこかあやうくて、不思議にエロティックな男女の関係を描く表題作「ジョゼと虎と魚たち」のほか、仕事をもったオトナの女を主人公にさまざまな愛と別れを描いて、素敵に胸おどる短篇、八篇を収録した珠玉の作品集。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/04
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2017/03/19Posted by ブクログ

      8つの短編集。
      田辺聖子の短編はじつに余韻が残る。
      その行く末を夢みる。
      『セックスではなく情交』という言葉がここちよい。

      お茶が熱くてのめません。
      人気がでてきた ドラマ作家 あぐりに 
      七年ぶり...

      続きを読む
    • 2008/05/13Posted by ブクログ

      田辺さんという女性からの視点で書かれた、ふしぎなエロティックさをいっぱい含んだ短編小説です。
      ただの甘くてベッタリとした恋愛小説ではありません。大人の香りとほろ苦さ、寂しさ、涙のしょっぱさを味わえます...

      続きを読む
    • 2019/06/11Posted by ブクログ

      作者訃報を受けて再読する。短編は今の自分に ちょうど読み切りやすいボリュームで尚且つとても面白く久し振りに小説を読んで楽しかった。高校生の頃 映画で知る。劇場版の音楽を担当した、くるりの主題歌「ハイウ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード