漆黒の王子

初野晴

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    歓楽街の下にあるという暗渠(石造りの下水道跡)。そこには、〈王子〉〈時計師〉〈ブラシ職人〉〈楽器職人〉〈画家〉〈墓堀り〉〈坑夫〉と中世オランダの職業名を持つ七人の浮浪者が住み着いていた。ある日、怪我をした〈わたし〉は〈王子〉に助けられ、彼らの世界へと連れて来られたが――。眠ったまま死に至る奇妙な連続殺人事件。ふたつの世界で謎が交錯する超本格ミステリ!!横溝正史ミステリ大賞受賞後の第一作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/08/16Posted by ブクログ

      少年時代の締め付けられるような思い出で始まる序章。。。
      貯水槽に消えた同級生と、消えない心と身体の傷。



      27年後、暴力団の組長代行としての世界。

      次々に組員が眠ったまま死んでしまうという...

      続きを読む
    • 2010/01/24Posted by ブクログ

      うわ、これすんごく好き! 前作「水の時計」もそうだったのだけれど、寓話的要素の絡み方が絶妙だわこの人。雰囲気にとんでもなくやられた~。暗渠の中の物語が特にものすごーく好み! これぞ現代のお伽話という感...

      続きを読む
    • 2012/04/10Posted by ブクログ

      「王子」という言葉が大好きなわたし。題名に惹かれて手にとった初・初野晴が、「漆黒の王子」でした。
      幻想ミステリーなのでしょうか。上の世界としたの世界の物語が続く中、次第につながっていく二つの世界・・。...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000271921","price":"924"}]

    セーフモード