さみしさの周波数

著者:乙一 イラスト:羽住都

484円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    短編の名手・乙一の傑作集!「お前ら、いつか結婚するぜ」そんな未来を予言されたのは小学生のころ。それきり僕は彼女と眼を合わせることができなくなった。しかし、やりたいことが見つからず、高校を出ても迷走するばかりの僕にとって、彼女を思う時間だけが灯火になった…“未来予報”。ちょっとした金を盗むため、旅館の壁に穴を開けて手を入れた男は、とんでもないものを掴んでしまう“手を握る泥棒の物語”。他2篇を収録。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    241
    5
    66
    4
    86
    3
    71
    2
    17
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/01/09Posted by ブクログ

      乙一さんの切なく怖い話4編の傑作短編集。題名「さみしさの周波数」は心の琴線に触れる物があり切なさが強く胸に迫ります。また本書は約15年前の文庫本ですが巻頭に色鮮やかなカラーイラスト4頁分が付いていてこ...

      続きを読む
    • 2017/09/18Posted by ブクログ

      乙一さんの本ははじめて読んだ。それほど期待していなかったが、予想よりはるかによかった。まず、本の表題がよい。入っている短編の題とは違うので、別につけたのだと思われるが、全体をうまく一体化させている。作...

      続きを読む
    • 2017/06/02Posted by ブクログ

      別名義の中田永一の短編集が面白かったので、古本屋で見つけて手に取ってみた。
      いわゆる「奇妙な味の小説」短編集。4編の中では、コメディタッチの「手を握る泥棒の物語」が好み。
      「失はれた物語」は小川一水の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード