【最新刊】偶人館の殺人

偶人館の殺人

高橋克彦

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    からくり展のポスター制作を依頼するため、国際的デザイナー矢的遥を訪ねた広告代理店の池上佐和子。矢的と共にからくり人形について調べるうちに「べんきちはゆるさないぞ」という謎の脅迫文を人形から発見して……。からくりマニアの加島大治、才色兼備の研究者・多野百合亜、双子の兄でロックミュージシャンの露麻夫、女優の浮田美洋、一癖も二癖もある登場人物たち。はたして真犯人は?そして犯人の狙いは?!ことわざ好きの探偵・矢的が活躍する高橋ミステリーの傑作。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/04
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • null巻2005/11/21Posted by ブクログ

      事件そのものはわりと単純なんだが、シチュエーションがなんとも私好み。なので星4つ。
      偶人館の設定や、からくり師・大野弁吉や隠れキリシタンに隠し金。わくわくしながら読みました。ことわざフリークの矢的遙も...

      続きを読む
    • null巻2008/08/25Posted by ブクログ

      『ドールズ』もそうでしたが、これもからくり人形が出てきます。
      色々なからくりがあるもんだ〜と、別の意味でも楽しめました。

      からくり展のポスターを依頼にきた主人公と依頼された男の話です。
      仕事のために...

      続きを読む
    • null巻2015/03/12Posted by ブクログ

      殺人事件の推理モノとして追っていくよりは、江戸末期の天才カラクリ師大野弁吉と銭屋五兵衛の関係、銭屋の隠し財産に隠れキリシタンと、歴史裏に埋もれたミステリの解き明かしを追っていることの方で楽しめた。事件...

      続きを読む
    開く

    セーフモード