【最新刊】キオミ

キオミ

1冊

内田春菊

506円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「堕ろすって言ったのよ」「何でそんなこと言うんだよ」「あそこから出てくるの嫌なんでしょ。ゲロ吐きそうだって言ったじゃん」妊婦に冷たい夫は女と旅行に行き、妻は下着をつけかえて夫の後輩を家に呼ぶ。若い男女のリアルな日常をためらいなく描き芥川賞候補となった表題作ほか、過激な性愛の底に流れる心のせつなさと揺れる男女の愛を描いた作品集。「あたしの欲しいもの」「勃たなかった男」「シタダシレッテル」「バージン」「スローロリス螺旋」「夜の足音」「キオミ」収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/04
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.5
    7
    5
    1
    4
    4
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2012/09/27Posted by ブクログ

      芥川賞候補となった表題作の他、6編を収める短編集。
      新婚夫婦に赤ちゃんができるところから始まっていたので何か意外な感じがしたが、やっぱり現実的で直球!な展開が待っていた。子供が欲しいと楽しみにしながら...

      続きを読む
    • 2011/11/14Posted by ブクログ

      内田春菊氏は直木賞候補、芥川賞候補になったことのある作家です。
      女性と男性の数々の心理描写とそれに付随する行動の描写が上手。
      セックスをするには男女が必要で、人間が二人集まれば分裂も起こりうるというこ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/09/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード