【最新刊】歌がるた小倉百人一首

歌がるた小倉百人一首

1冊

著者:田辺聖子

583円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    いまから七百数十年前、当時、最高の歌人だった藤原定家が十冊の和歌集の中から一人一首ずつ百首選りすぐったものが、小倉百人一首。そこには四季の美しさ、人間の悲しみ、喜び、恋の悩みが鮮やかに豊かに描かれています。私たちのこころのふるさとであるこの百首について、成り立ちから味わいまで田辺聖子がわかりやすく解説した楽しい入門書。索引リンクが充実。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/04
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.8
    7
    5
    1
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/02/24Posted by ブクログ

      百人一首、全ての歌についての大意と、解説。
      ポプラ文庫から出たものの再版のようだ。
      それで、小学生も読めそうな表現と分量になっているのか。

      やはり詳細が不明な歌人や、あまりエピソードもない歌もあって...

      続きを読む
    • 2011/10/09Posted by ブクログ

      ちはやふる の影響で読んでみた。
      面白かった。

      百人一首の中の一首一首は、景色がきれい、とか、嫌な奴にうまいこと言い返してやった!とか
      ちょっとした内容だってことがわかった。

      高貴な方々が集まっ...

      続きを読む
    • 2011/03/24Posted by ブクログ

       お聖さんのお蔭でまんまと業平にときめいてしまった…。引用は古今集の歌だけど、こんなん詠まれたらイチコロよ。もてるはずだわこの人…。

    開く

    セーフモード