【最新刊】色闇

色闇

1冊

山藍紫姫子

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    貴くも怪しい色香を持つ美貌の男娼・月弥。盗賊の二代目、犬神の早太郎としてかつて江戸を騒がせていたが、闇の司法官を務めている牙神尚照に正体を見破られてしまう。捕らわれ、犯されたあげくに、密偵となることを強要された月弥は、牙神によって火盗改方・中郷主膳の許に送り込まれる。月弥は中郷に抱かれるようになり、牙神への憎しみを募らせるが――。官能の美を描く、至極の愛の物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/27
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/10/06Posted by ブクログ

      「逢えない時間が愛を育てる」ってやつですね。
      狼と狗との駆け引きの軍配は今のところは牙神に上がっているようだけれど、
      月弥が一矢報いるのもそう遠くはない気がする。

    • 2008/01/24Posted by ブクログ

      なんでそんな唐突にラブラブになるんだい!?君ら、そんなに仲良くなかったよね??って、つっこまずにはいられない…。まぁ、ハッピーエンドでよかったけど…。

    • 2006/09/26Posted by ブクログ

      sweetな(笑)時代小説。でもマジに山藍作品の中でも傑作に入るのでは…。江戸?の風俗描写などはすばらしく、山藍さんの造詣の深さというか、興味の間口の幅広さにうなります。お話はスタンダードな(どこがじ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード