【最新刊】常岡さん、人質になる。

常岡さん、人質になる。

監修・文:常岡浩介 原作・文:岡本まーこ 絵:にしかわたく

838円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

アフガンで“タリバンに拘束された!”と報道され、157日間拉致されていたジャーナリスト、常岡浩介氏の拉致~解放~帰国までの人質騒動を描いたコミックエッセイ。マスコミ報道のおかしさ、人種のギャップ感、真実の取り違いなどをコミカルに描き、事件以来はじめて、真相と真実を明かした問題作!?が登場。

続きを読む
ページ数
150ページ
提供開始日
2014/06/20
連載誌/レーベル
ホビー書籍部
出版社
KADOKAWA
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2017/08/19Posted by ブクログ

    常岡浩介。戦場ジャーナリスト。2001年、グルジアで身柄を拘束
    される。2004年、ロシア秘密警察に逮捕されて国外退去。

    2度あることは3度あるって訳じゃないのだろうけれど、3度目は
    日本国内でも大...

    続きを読む
  • 2011/09/25Posted by ブクログ

    常岡さんが解放されて帰ってきた、このタイミングで読了。大メディアの報道や官庁の広報と実際のところとのギャップがここまで大きいんだと、いろいろ考えさせられました。アフガンの情勢についてやっと少しつかめた...

    続きを読む
  • 2013/07/01Posted by ブクログ

    アフガニスタンへの取材中に武装勢力に拘束されたジャーナリスト・常岡浩介。本書では筆者の長年の友人である女性からの目線と、拘束された常岡氏が、絶望的な状況をユーモアで切り抜けるところが印象的です。

    ...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000270762","price":"838"}]

セーフモード