【最新刊】常岡さん、人質になる。

常岡さん、人質になる。

1冊

監修・文:常岡浩介 原作・文:岡本まーこ 絵:にしかわたく

822円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    アフガンで“タリバンに拘束された!”と報道され、157日間拉致されていたジャーナリスト、常岡浩介氏の拉致~解放~帰国までの人質騒動を描いたコミックエッセイ。マスコミ報道のおかしさ、人種のギャップ感、真実の取り違いなどをコミカルに描き、事件以来はじめて、真相と真実を明かした問題作!?が登場。

    続きを読む
    ページ数
    149ページ
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    ホビー書籍部
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    青年マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.7
    11
    5
    2
    4
    5
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/08/19Posted by ブクログ

      常岡浩介。戦場ジャーナリスト。2001年、グルジアで身柄を拘束
      される。2004年、ロシア秘密警察に逮捕されて国外退去。

      2度あることは3度あるって訳じゃないのだろうけれど、3度目は
      日本国内でも大...

      続きを読む
    • 2014/12/07Posted by ブクログ

      実際にアフガニスタンに取材に行き、そこで誘拐された男性の実話。
      漫画で記されているからか、緊迫した状況もすんなり入ってくるというか、現実味がないというか…
      ただ、世界には行かないと、又は身近にそういう...

      続きを読む
    • 2014/11/03Posted by ブクログ

      中東問題や、海外の紛争・内戦の話題は、毎日のようにニュースから流れてくるというのに、それをただ「聞いてる」だけで「理解」はしていなかった事に気づかされた。恥ずかしい。

      コミカルに、面白く漫画は描かれ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード