僕と彼女のゲーム戦争7

著者:師走トオル イラスト:八宝備仁

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

購入へ進む

カゴに追加

    ゲーマーたちが最も熱くなる季節、夏。岸嶺たち現代遊戯部のメンバーは、ゲーム大会への参加を繰り返していた。そんな中、部員たちと比べて実力不足を感じていた岸嶺は、デバックのアルバイトを通じて知り合ったプロゲーマーのもとへ教えを乞いに行くことを決意する。そして個人修行を終えて挑んだゲーム大会。夏休みということもあり、社会人が多数参加していたその大会には、かつて岸嶺たちと戦ったこともあるチャンピオンが強力なメンバーを率いて参加していたのだった。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/09/01Posted by ブクログ

      内容は四巻の同じようにバトルフィールド4だけでプロゲーマーに師事してから本戦に挑むという構図も変わらないんだけど、幾つかのルールで戦う上に状況も大きく変わり続けたため、辟易するようなことはなかった

      ...

      続きを読む
    • 2014/09/16Posted by ブクログ

      今回はFPS。自分はFPS自体未プレイだけど楽しめました。神々の黄昏相手はまさにジャイアントキリングな感じで面白かった。やっぱり岸嶺の能力を考えるとこういった、自分で動かすキャラがよりプレイヤー視点で...

      続きを読む
    • 2014/09/15Posted by ブクログ

      さくっと読んだこれぞラノベ。
      あいかわらずゲーム描写がうまくてやってみたくはなるが
      すぐ投げるのが見てとれるので手を出さす。

      FSPが多い気がするけどネタとしてあっているのかたまたまなのか。

      ・・...

      続きを読む

    セーフモード