少年テングサのしょっぱい呪文

著者:牧野修 イラスト:すめらぎ琥珀

693円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    邪神に憑依された少年、テングサ。正味な話、彼はバカだった。しかしバカは彼だけではない。そう、彼にはバカの友人がいた。クールな二枚目である鈴木地球、通称あっちゃん。小太りで三枚目の佐藤流星愛、通称サトル。ヘンテコな名前を持つ3人は、同じ高校に通う遊び仲間だった。ある日、バカ話に華を咲かせていた3人のもとに、怪しげな女性がやってくる。彼女は言った。「人を殺してほしい」と。バカ3人組を巡る奇々怪々な事件が、幕を開ける。彼らは、コスプレ姐さんや美少女殺し屋の襲撃から逃れられるのか?

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/04/08Posted by ブクログ

      ベタだが最後のどんでん返しが良かっただけに不満が残る。明らかにおっさんが考えた臭がプンプンするバカ話は物語の雰囲気に必要としてともかく、最初の娘が自殺した母親の話は要るのか。

    • 2010/12/25Posted by ブクログ

      主人公とその友達の交わす馬鹿話は面白いのだが、それと残酷描写がマッチせず、気持ちが悪い読後感。
      どんでんは結構面白いんだけどなあ。
      惜しい。

    [{"item_id":"A000269977","price":"693"}]

    セーフモード