【最新刊】七人の王国 総理大臣は十七歳

七人の王国

1冊

著者:峰月皓

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小笠原諸島の中に浮かぶ、ある小さな島。東京から南に1000kmも離れたその島には、さまざまな過去をもつ男女七人が、数年前から暮らしていた。ある日、彼らは、日本からの独立を宣言する。国名は多生島共和国。そして驚いたことに、総理大臣は十七歳の少年だという。独立宣言を記した国書を受け取った日本政府は不快感を示し、突飛なニュースを渇望していたマスコミは一躍飛びつき、そして日本中の国民が大いに動揺した――。これは、日本での生活に馴染めない人間たちが自由を求め夢想した、可笑しくも哀しい破天荒な物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/27
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    10
    5
    1
    4
    6
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2016/02/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/08/09Posted by ブクログ

      日本国内に新しい国を作ろうという野心あふれるストーリーに圧倒された。
      島の内外で次々と起こる事件にどきどきしながら読める。

      目次の時点でオチがわかってしまうのが少し残念だが、野心に始まり、野心に終わ...

      続きを読む
    • 2013/07/31Posted by ブクログ

       とある無人島を領土とし、日本から独立宣言する7人の男女を描いてます。現実に有っても不思議ではない設定なので、なかなか良かったです。

    開く

    セーフモード