愛されたがりの嘘つき

著者:野原滋 イラスト:香林セージ

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    辣腕社長の朝倉と、朝倉を支える有能な秘書・椎名。社外ではセフレとして関係を持っていた二人だが、ある夜、朝倉が怪我で記憶を失ってしまう。無垢で素直な青年になってしまった朝倉に、椎名はちょっとした悪戯のつもりで「二人は正式に交際していて、愛し合っていた」と嘘をつく。かくして、セフレでしかなかった椎名が望んだ通りの、偽りの甘い生活が始まる。しかし徐々に罪悪感と「元の朝倉」への想いが募るようになり――?

    続きを読む

    レビュー

    4
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/04/15Posted by ブクログ

      過去の痛い経験から失いたくなくて選んだ今の関係、
      特殊な状況についたウソ、
      椎名の気持ちが切なかったです。

      ウソの上に成り立っていた
      記憶喪失の朝倉との甘い生活が
      後ろめたいけれど幸せで
      だからこそ...

      続きを読む
    • 2013/10/12Posted by ブクログ

      記憶喪失ものでした。 う~ん。野原さんの本は結構好きで作家買いなんだけれど、今回はあんまり捻りがなかったような感じですね。 朝倉の変わり具合がちょっと違和感ありましたというかああいう感じの心の変化って...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/10/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード