【最新刊】22歳負け組の恐怖

22歳負け組の恐怖

1冊

著者:山内太地

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    毎年のように叫ばれる就職戦線の苦戦。それを裏づけるかのように、文部科学省から「就職率61.6%」というデータが発表されました。これが意味するのは、約4割の学生は就職が決まっていない(進学者含む)ということです。本書は、現在の大学生の状況と、小学生~大学生が負け組にならないために必要なことを解説した「実用的社会ルポ」です。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/27
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4
    7
    5
    2
    4
    4
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/02Posted by ブクログ

      p.99 ここで重要なことは、真の国際化、グローバル化というのは、英語ができてビジネスがバリバリできるということだけでなく、異なる価値観を認め、他者と理解し合える関係が築けるということです。これは、本...

      続きを読む
    • 2014/11/09Posted by ブクログ

      普段から著者の山内太地氏が言っていることをまとめた集大成のようなもの.
      それだけに目新しい発見はあまり無いが,普段の彼を知らない大学関係者には大きな刺激となるだろう.
      中途半端な大学は生き残れない...

      続きを読む
    • 2013/03/09Posted by ブクログ

      ただの就活本かと思いきや、後半に日本の個々の大学の教育としての差別化戦略が記載されてた。就活の話よりそっちの方が面白かった(^_^;)

    開く

    セーフモード