昭和流行歌スキャンダル そのときヒット曲は生まれた

著者:島野功緒

733円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    老いも若きも肩を並べて聴き入った、昭和の「流行歌」。数々の名曲の裏には秘められたエピソードがあった!今井正監督が嫌った主題歌「青い山脈」。石原裕次郎「錆びたナイフ」の詞は盗作?わずか3分で作曲した「ブルーシャトウ」。古賀賞予選落ちの「さざんかの宿」などなど、一挙公開!

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/04Posted by ブクログ

      島野功緒 著「昭和流行歌スキャンダル」、2010.3発行です。スキャンダルというよりエピソードですね、昭和50年代末までの流行歌について。老いも若きも肩を並べて聴いたNHK紅白歌合戦の共感、はい、確か...

      続きを読む

    セーフモード