【最新刊】キラク堂顛末記2 漆黒の人形師と聖なる獅子

キラク堂顛末記

2冊

著者:佐々木禎子 イラスト:カトーナオ

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    霊や魔物絡みの事件を解決する呪禁師――その見習いである中沢潮は、美貌の変人師匠・鳴瀬のシャレにならない過酷な修行に振り回される毎日。祖母の聖に怒られたり、ランダ女神を宿した美少女・トキに八つ当たりされても、一人前となるべく奮闘中!!ある日、潮は夜道で通り魔に遭遇する。男の全身に絡みついていたのは……初めて見る“黒い”縁の糸。事件を解決した潮は「キラク堂」へ戻ろうとするが、そこへ、たてがみを持った子猫(?)が降ってきた!?縁が繋ぐ大騒動のダーク・アクション・完結!!

    続きを読む
    ページ数
    577ページ
    提供開始日
    2014/06/27
    連載誌/レーベル
    ビーズログ文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3
    4
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/04/22Posted by ブクログ

      突如連れて行かれた先で出会う羽目になった少女と
      会話をしただけなのに、依頼実行人をキャンセルされた。

      わりと過保護な祖母に、店主代理に
      祖母の紹介である『先生』の男性。
      一応危険なのは、依頼人である...

      続きを読む
    • 2011/03/20Posted by ブクログ

      絵とタイトルに惹かれて買ったら、結構面白かったです。

      個人的に、鳴瀬さんが好き(笑)
      あの変人具合が面白い。
      まぁ振り回される主人公くんはとても可哀相だが(笑)

      次で完結なのがとても残念です。

    • 2011/03/17Posted by ブクログ

      一巻目を読んで気に入っていた話なので今巻で完結はさびしいです。もっと、潮くんの活躍や成長を読んでみたかったです。
      続かないかなぁ。

    開く

    セーフモード