【最新刊】なぜ、それを好きになるのか? 脳をその気にさせる錯覚の心理学

なぜ、それを好きになるのか? 脳をその気にさせる錯覚の心理学

お得

著者:竹内龍人

704円352円(税込) 8/20まで

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ何かを好きになるのか?それはそのほとんどが無意識のプロセスで起きる。「好きになる」脳の原理を知れば、それを逆手にとって好きになってもえらえる。脳をうまく騙すことで“好きにさせる”錯覚の心理学。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/27
    連載誌/レーベル
    角川SSC新書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2014/08/31Posted by ブクログ

      2014.8.31了読
      この新書を読んで心理学の奥深さを知りました。もっと心理学について知りたいと思える一冊。例えば、無意識がいかに重要か。サブリミナル効果など、実際に心理学を学ばないと、実生活でこん...

      続きを読む
    • 2015/12/23Posted by ブクログ

       私たちの行動は、脳が主どっているという。脳は冷静沈着な印象があるが、しかしその脳もけっこう曖昧な時もある。それが錯覚で、それを活かしたトリックアートという分野の作品もあるくらいだ。
       本書もそんなト...

      続きを読む
    • 2014/03/21Posted by ブクログ

      竹内龍人""脳をその気にさせる錯覚の心理学""を読む。

      ペラペラなタイトルだが、京大心理学からUCLAを経て心理学者となった著者による正統派の心理学本。

      脳の仕組みに関する最近の研究成果を踏まえ"...

      続きを読む
    開く

    セーフモード