【最新刊】拝み屋郷内 花嫁の家

拝み屋

著者:郷内心瞳

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    拝み屋を営む著者が、これまで一度も最後まで語ることも記録に残すことも許されなかった、忌まわしき怪異譚をここに開陳。“花嫁が必ず死ぬ”といわれる旧家では、これまで代々の花嫁が数年の内に亡くなっていた。花嫁が死に至るまでの年月に子を成し、からくも次の代へと血を繋げている。この家に嫁いだ女性から相談を受けた著者は、いくども不可解な現象に悩まされる――。戦慄の体験談「花嫁の家」と、「母様の家」の連作2篇を収録した怪談実話集。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/05
    連載誌/レーベル
    MF文庫ダ・ヴィンチ
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 拝み屋 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      拝み屋 全 2 巻

      1,337円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    • 2016/02/06Posted by ブクログ

      最初、土俗色の強いミステリーかと思った。タイトルの感じとか、カバーデザインとか、田舎の旧家を舞台にした和風の推理モノのそれだったからだ。私はもともと妖怪もお化けも好きだし、怖い話になぞらえたミステリー...

      続きを読む
    • 2014/10/11Posted by ブクログ

       老いた女性が語る、嫁いだ家で起きた怪事。
       拝み屋である師匠、先輩、そして当時まだ駆け出しだった「私」の元にきた、複数の依頼。
       事態が進むにつれてこれらの断片は繋がっていき、一本の筋となり、その忌...

      続きを読む
    • 2017/01/27Posted by ブクログ

      東北の某県で実際に「拝み屋」を営む作者が、その仕事柄見聞きした怪異を、怪談に仕立てることで、いわば怪異の供養をするという仕立。
      つまり実話怪談だ。
      なかには、作者自身が体験した怪異も多数含まれており、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000307425","price":"814"}]

    セーフモード