幸せのコイン

鯨統一郎 著

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    会社を継がせようとする父親と対立し、自分の夢を実現するために、家を出た社長令嬢。父娘喧嘩の際、煤けてしまった五百円玉が、人々のポケットを渡り歩き、それぞれの人生の岐路に立ち会う。そして最後に辿り着いたのは……。一枚のコインが紡ぐ、ハートウォーミングで、ちょっと不思議な七つの物語。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/05/07Posted by ブクログ

      ライト感覚であっという間に読むことができた。
      1枚の500円玉が出会う人たちの物語。
      終盤、作品間のつながりが見えるようになってから
      面白さが加速した感じ。
      ラストも好き。

    • 2018/05/20Posted by ブクログ



      「自分のポケットの小銭は、他人のポケットの大金にまさる。」-セルバンテス-
      よくある何気ないお話。ではあるが、ふと思いを馳せるという行為は悪くない。
      一つのコインを通して数々の人間のドラマが垣間見...

      続きを読む
    • 2014/05/04Posted by ブクログ

      父の反対を押し切り,花屋を開業した奈緒.そんな矢先,その父が他界してしまう.奇しくも遺品になってしまった暖炉で焦げた1枚の500円玉.そのコインが,人々のポケットを渡り歩き,それぞれの人生の岐路に立ち...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000269078","price":"792"}]

    セーフモード